ゴシップガール英会話 by チャックバスvol.4 「We don't need a ticket. I'm Chuck Bass.」

2017/10/25    執筆者:ヘイショー

俺はチャックバス。久しぶりだなって??

The question is..... "Did you miss me?"

さて、今日は久々の「ゴシップガール英会話 by チャックバス」のコーナーです。ゴシップガールとは、全米で大ブームを巻き起こしたニューヨークの上流階級の若者を描いた人気ドラマで、このコーナーではゴシップガールを通じて英語を勉強していきます。今回ピックアップしたシーンは2つ。まずはこちらをご覧下さい。

 

Just because you're poorly dressed, doesn't mean you are not Chuck Bass.

訳:
「貧乏そうな身なりをしているからって、あなたがチャックバスじゃないという事にはならないわ。」

シーン解説

シーズン3で大恋愛をしていたチャックとブレアだが、すれ違いにより起こってしまった事件に激怒したブレアがチャックと縁を切ってしまった。パリで自暴自棄になっていたチャックは強盗に銃で撃たれるが、ある女性に救われて一命を取り留める。ブレアへの気持ちを吹っ切るために名前も地位も全て捨てて別人として自分を助けてくれた女性とパリでひっそりと暮らしていたが、失踪したチャックを心配したブレアはついにチャックを発見する。

全セリフはこちら

Blair : Just because you're dressed poorly doesn't mean you're not Chuck Bass.

Chuck : Why would I want to be him?

Blair : You told me you got shot.

Chuck : I'm surprised you didn't shoot me yourself.

Blair : I have. Many times. In my dreams. The good ones. But if you were really hurt, I would want to know.

Chuck : When I woke up, my I.D was gone. Nobody knew who I was. Nobody was coming to look for me. I realized I might be alive, but Chuck Bass didn't have to be.

Blair : Changing your name doesn't change who you are.

Chuck : It's a good start, a chance to live simply, earn people's respect, maybe become a person someone could love.

Blair : Someone did love you. And... You owe it to her... And everyone else you're leaving behind not to run away, which is what you're doing. And I don't think that great man you're talking about wanting to be is a coward. I think he would face up to what he did.

Chuck : I destroyed the only thing I ever loved.

Blair : I don't love you anymore. But it takes more than even you to destroy Blair Waldorf.

Chuck : Your world would be easier if I didn't come back.

Blair : That's true. But it wouldn't be my world without you in it.

このシーンの後にあの伝説のセリフが生まれます。

 

We don't need a ticket. I'm Chuck Bass.

チケットはいらない。俺はチャックバスだ。

 

シーン解説

ブレアとの会話の後に別人として生きるのを辞め、一緒に貧乏に暮らしていたエヴァに自分の正体を明かし、ニューヨークに一緒に行くように誘った後、エヴァに「チケットはあるの?」と聞かれた時の返答です。

このセリフはいつか言ってみたいですね!マニラでタクシーの運転手さんにチップを払って仕込めばできるかな。

こんな感じで。。

Girl: Do you wanna take a bus?

Heysho: We don't need a bus ticket. I'm Heysho.

(そして雇ったタクシーが登場)

これで行きましょう。

-英語の勉強
-, ,