ゴシップガール英会話 by チャック・バス、第3弾はチャック・バスvsセリーナ&カーター。

2017/11/07    執筆者:ヘイショー

久々の「ゴシップガール英会話 by チャック・バス」のコーナー!

今回は第三弾です。

 

 

色々な人から非難されながらも、

シーズン1からシーズン6まで繰り返し見続けているヘイショー(男30歳)ですが、

今回は中でもお気に入りのシーンをチェックして行きましょう!

 

 

まずはこちらをご覧下さい↓↓

 

 

 

 

まずはシーンの説明

 

今回は、ゴシップガール・シーズン3の第二話からのシーンです。

セリーナが大学を休学し、チャック・バスがその事をルーフェス(セリーナの義父)にちくった事がケンカの始まりでした。

 

仕返しを企んだセリーナは、チャック・バスの天敵であるカーターを連れ、

チャックのビジネスの話をぶち壊します。。

 

チャックが怒って帰った後、セリーナに上手く利用されたカーナーもあきれてセリーナに言った台詞がこちら。

 

 

Carter:

Serena, listen to you.

What's your deal?

You acting out because Daddy doesn't love you?

Is that why you skipped out of Brown too?

Serena:

Please—

Carter:

You know, I told you how I felt and you blew me off until you needed someone to do your dirty work.

 

(俺はお前に俺の気持ちを伝えたのに、お前は俺をただ利用したいだけだったんだな。)

It's time to find a new bad habit. 'Cause it's not going to be me anymore.

新しいおもちゃでも探すんだな。もう俺を使える事は無いから。)

 

 

 

ヘイショーの感想

 

ナイス!!

このシーンを見て、

誰もがセリーナにいらついたと思われるところで、

カーターさんはかっこいい台詞はいてくれはりましたな!!

 

 

 

そして、この後にセリーナとカーターに起こった展開

 

この後に罪悪感を感じたセリーナが、カーターを待ち伏せして話を持ち出しました。。

 

Carter:

What do you want?

Serena:

There's a reason I always come back to you Carter.

And it's not because you're my bad habit.

Carter:

What then?

Serena:

You're the only one who understood why I needed to find my father.

You were there for me during all of that and I trust you.

Carter:

Anyone would have done the same thing.

Serena:

No, they wouldn't have.

And I don't want anyone else.

I want you.

↓↓

ドラマッチックな音楽が流れる

↓↓

キス

 

なるほど、これが欧米人の恋の落ち方ですか。。

かっこいいですなSmile

 

 

おまけ

最後に、チャック・バスのダサいファッションをどうぞ!

 

以上、ゴシップガール英会話のコーナーでした!

-英語の勉強