フィリピンでインターネットを利用する為には。

2017/11/07    執筆者:ヘイショー

今日はフィリピンでのインターネットを利用する為の方法を紹介させて頂きます。日本でもそうですが、ここフィリピンでも無線によるインターネット接続「Wi-fi」が主流になっております。まずはお使いのPCがWi-fi対応をご確認下さい。

 

ブロードバンド契約

  家では早い回線で時間を気にせず利用したいというあなたにはコレ。プロバイダーと1年か2年の契約をし、モデムをレンタルしてテクニシャンに設置してもらうとインストール完了(インストール費用は有料)。

  • メジャーなプロバイダーはGlobe / Smart / PLDT / Sun など。どのプロバイダーもネットのスピードによって月額料金が違う。ちなみに管理人はGlobeの1300ペソの速さ2Mbpsのプランを利用しているが、問題無く使えています。
  • 上記4つのプロバイダーの内、どれがベストかはコンドミによって異なります。(各コンドミに上記プロバイダーのアンテナが設置されてあるかどうかの確認は必要。)
  • プランにもよりますが、ネットの設置と共に固定電話も付いてきます。
  • ネットから申し込み可能。
  • 契約時にはACR(外国人登録カード)が必要となりますが、交渉次第で必要無い場合もあります。渡比前の方は最低2個の身分証明書を持参しておきましょう。

 

 

USBモデム

一日1時間~2時間程度しか利用しない方にオススメします。又、仕事でインターネットを利用するヘビーユーザーの為のバックアップ用としても良いかもしれません。Smartの場合だと、本体を1300ペソで購入して後はプリペイドでチャージしていく方式です。

  • 本体購入時に10日間分無料でネット利用可能のプリペイドが付きますのでお得です。
  • 基本利用料は30分10ペソですが、パッケージみたいなものを購入すればより安く利用可能(50時間~ペソみないな)。
  • 上記ブロードバンドと同じく、プロバイダーのアンテナがビル内に無いと利用できません。
  • スピードは、ネットサーフィン程度であればOK,You-tubeを見るのはツライ程度です。
  • コンドミに住んでいる方は、「高い階だとつながりにくい」、又は「窓際は電波がいい」などのわだかまりもあるようです。

 

 

 

ポケットWi-fi

  上記USBモデムを同じような感覚で考えて頂ければ良いと思いますが、こちらの方がスピードが若干速いようです。ただし、1年~2年単位の契約が必要。最近は各プロバイダーも力を入れているようで、利用する人も多く見かけます。

 

 

 

デサリング(携帯から電波を飛ばす)

  iPhoneなどの普及により、海外ではスマホをモデム代わりにしてwi-fiをPCへ送り、ネットを利用する人をちょくちょく見かけます。デサリングと言うそうです。フィリピンで使い物になるかどうか試した人がいましたが、ネットが遅すぎて駄目だったようです。。

 

 

公共のWi-fiを利用

  たまには外へPCを持って出かけて、別の場所でネットサーフィンするのも気分転換にはいいですね。フィリピンではWi-fiが利用できる場所が外にも多くあります。

  • スターバックス:1時間60ペソ
  • The Coffee Bean:200ペソの会員カードを見せるとWi-fi利用可能
  • Shopping Mall:館内全体にwi-fiを飛ばしているショッピングモールが数多くあります。マカティで言えばグリーンベルト、アヤラトライアングル(ここは公園)など。

 

 

最後に

  海外に来てからはインターネットへの依存性は確実に増します。逆に言うと、インターネットがあれば海外生活での不都合をかなり解消できるのも事実。為替のチェック。日本やフィリピンのニュース。情報収集。自己啓発。ブログのチェックなど。以上をふまえて、1年以上滞在するのであれば家で速い回線で利用できるブロードバンド契約をする事をお勧めします。

これで毎日Jobs Philippineで情報収集できますね!!

 

-IT情報, お役立ち, 基本情報
-