フィリピンでで最も手数料の安いペソの引き出し方法について

2017/11/07    執筆者:ヘイショー

フィリピンでペソを引き出したい場合、

皆さんはどのように方法で日本円→ペソを交換してますか??

 

自分が今まで考えた、最も手数料のかからないと思われる方法で計算してみます。

 

新生銀行キャッシュカード

この方法は、一度にまとまったお金(35000ペソ)を引き出す時に良いです。

今のレート(1ペソ = 2.3円)で計算すると、35000ペソ=84479円になる。

 

 

クレジットカードでキャッシング

  •  引き出した2日後頃にカード会社へ電話して繰上げ返済を行う事が前提
  • 手数料は現地ATM利用料の200円のみ。キャッシングの利息は2日間だけだと0.0~%なのでほぼ無視しても良い。
  • 限度額:10000ペソ

 35000ペソ引き出すとすると現地ATM手数料が800ペソかかるが、それでも82340円となり、新生銀行ATMカード限度額の35000ペソと合わせてもクレジットのキャッシング+繰上げ返済のコンビネーションの方が手数料が安い事がわかる。

私が利用していたのは年会費無料の三菱東京UFJのクレジット。インターネットバンキングでクレジットカードのお金の動きがすぐにわかるし、電話一本(実際にはSkypeの電話を利用)で繰り上げ返済が行える為。

 

 

楽天銀行デビットカード

  • 手数料2.94%と、新生銀行より約1%安い。年会費1000円かかるらしい。
  • その他情報は管理人が実際に使用した事が無い為不明であるが、新生銀行と同じで限度額35000ペソなど、同じ内容であると思われる。

ここで35000ペソを引き出すと仮定すると、83030円となる。この楽天カードは、楽天市場や楽天系アフィリエイトなどでも何かと特典があるので持っておいても良いと思う。

 

 

海外送金

  • 50万円以上のまとまった金額をペソへ換金する場合、フィリピンに口座を作り、そこへ海外送金する事が一般的。
  • フィリピンのローカル銀行の為替レートはそんなに悪くない。例えば本日(2013.10.17)の市場レート0.44に対し、フィリピンのローカル銀行のレートは0.428。日本のメガバンクのレートは0.40程度。→フィリピンの銀行へは日本円で送金し、フィリピンの銀行でペソに換金する方が良い。
  • 手数料は、下記の通り

海外送金手数料比較

海外送金方法
送金手数料
為替手数料
受取手数料
SBIレミット 1円~3万円
880円
3万円~25万円
1,480円
25万円~
1,980円
非公開(推定)
1円/1米ドル
無し
【法人のみ】
楽天銀行海外送金
1,750円 非公開(推定)
1円/1米ドル
受取銀行
による
三菱東京UFJ銀行
外国送金Webサポート
4,000円
(三菱東京UFJ ダイレクト、テレビ窓口、同行現地法人宛で500円引)
1円/1米ドル 受取銀行
による
FX会社マネーパートナーズで外貨両替後シティバンクで海外送金 4,000円

2,500円
0.205円/1米ドル 受取銀行
による
シティバンク外為送金 4,000円 1円/1米ドル 受取銀行
による
ジェイティービーJTB MoneyT 振込金額の2%
上限2,000円
4円/1米ドル 無し
みずほ銀行外国送金(仕向送金) 5,500円
(同行現地法人宛で500円引)
1円/1米ドル 受取銀行
による
ゆうちょ銀行口座あて送金 2,500円

20~30米ドル
1円/1米ドル 受取銀行
による
新生銀行(GoRemit) 2,000円 送金額の0.1%(最低1,500円) 受取銀行
による
PayPal(ペイパル) 無し 無し 振込金額の3.9%+40円
日本国内の場合は
振込金額の3.6%+40円

**情報は2013年9月のものですので、時間が経つにつれて変更される可能性があります。

 

言うまでもなく長期滞在の場合はこの方法が最も良いですが、その時々の為替レートによって損をしたり得をする事にもなります。私の場合、フィリピンのローカル銀行に大金を預けるのが怖い気がしましたのでこの方法は避けました。この方法をよく利用する方がいらっしゃいましたら、ご一報頂けますと幸いです。

 

 

まとめ

その他にも日本からできるだけ多くの現金を持ってきて、現地の両替商で換金するなどの方法もありますが、そのリスクと得られる差益を考えるとオススメはできません。

一つ重要な事項として、お金の引き出し方法を常時2個以上確保しておく事をオススメします。私の場合、長くクレジットのキャッシングで引き出していたのですが、このカードを利用停止にして以来は予備として持っていた新生銀行のキャッシューカードに助けられました。

他に何か良い情報がありましたらどしどしコメント下さいね!!

 

-お役立ち, 基本情報